TOPICS

PROFILE

プロフィール

  • 1962年生まれ。大阪府東大阪出身。同志社大学卒業後、川崎市へ。
    司会やイベントプランナーとして活躍した。
    松あきら参院議員の秘書を経て、2011年、神奈川県議会(川崎区)に初当選。
    防災士、認知症サポーター養成講師、骨髄バンクドナー登録説明員。
    夫(作曲家・ピアニスト)と2人暮らし。
    「ものおじせず、まず挑戦。落ち込むより前進」が信条。
           
  •    
  • 現在:国際文化観光・スポーツ常任委員会(神奈川県議会)、公明党地方議会局次長、公明党神奈川県本部女性局長、公明党神奈川県議団政務調査会副会長。

VISION

重点政策


カタチにします

  • 2020年に羽田空港との連絡橋がかかるキングスカイフロントを世界一の医療拠点に。
  • 遺伝子情報から治療薬を導く最新医療 「がんゲノム治療」の実施を推進します。
  • 工場夜景など、川崎が持つ魅力を発信。観光客の受け入れを促進します。
  • 県内の駅にホームドアを設置、駅を安全化。
  • 国会・県会・市会が連携し、幼児教育(幼稚園・保育園)と私立高校授業料の無償化を推進。
  • 公立学校の窓ガラスの飛散防止、備蓄品の配置を推進。震災に備え、避難所機能を強化。
  • 豪雨や津波による河川の反乱を防ぐため、堤防の補強や、水位計等を整備。
  • 防犯カメラを増やし、犯罪を抑制。安心・安全な暮らしのできる神奈川に。

RESULT

安全・安心
産業・まちづくり
女性・子育て
教育・福祉・健康
Previous Next

REPORT

BLOG

ブログ

..年..月..日

...

...

Top